YNU Jpapan Homestay

hs の 事業価値(意義)


ENGLISH

TOPに戻る

日本のホームステイ

hs 日本のホームステイについて(趣旨、経緯)

「YNU Jpapan Homestay(仮)」 は、横浜国立大学大学発ベンチャーとして誕生した、楽しい観光と新たな社会的価値発見を提供するサービスです。

なぜ、私が日本のホームステイをビジネスを通して普及させたいのかを、事業価値として案内させて頂きます。

人と人をつなぐ 意義がある

日本人と外国人が友だちになれる機会をホームステイを通して提供することで、日本の家族単位での異文化対応の変化が起こり、子育てに異文化対応が組み込まれることを期待しています。

日本人と外国人(人と人)が繋がっていることが大切で、将来の日本を守れる人、平和な国に導く感覚も持った人が育つような下地を、ホームステイビジネスで貢献出来るのではないかと思っています。

視点を中国に絞って考えた場合、 中国と日本は政治的に対立していても、日本人と中国人が、人と人として仲良いことが大切で、お互いを理解している相手がいることに意義があると考えています。


代表岡田は、横浜市立の学校を通してPTAに関わり、横浜市PTA連合会理事も経験いたしました。ほとんどの学校が平和な環境を維持し、私が子供の頃と比べると問題児の少ない時代だぁと言う感想を持ちました。(表面だけでは見えない問題児対応に悩む先生方の姿もありましたが・・)

たしかに、学びの環境としては理想に近づいていました。しかし、今の子どもたちが社会人になって仕事をする頃には、仕事仲間や競争相手は日本人だけではなく、国際化した環境になっていることが考えられます。

今、私ども大人が子どもたちに国際化対応の手助けをする時代になっているのではないでしょうか。そのためには、大人も異文化を理解し、意識の変化が必要だと思います。

日本のホームステイは、外国人を受け入れ、家族全員が意識の変化と異文化対応を知る機会となります。

視点を変えると、日本の観光の手伝いであり、日本の魅力の一部として貢献できる意義もあります。

家族全員が異文化交流体験

(学習)語学の活用の機会

(交流)外国人の友達ができる

(子育て)子育ての視点変化

(観光)日本の魅力は日本人


私どもがやりたいことは、
・日本の観光をもっと面白くすること。
・異文化対応力のある日本の家族を増やすこと。
・楽しい国際交流を通して、お互いの国を理解しあう、外国人の友達を増やすこと。

私どもがやることは、
・トラブルのないホームステイを目指す
・ホストファミリーの情報、ゲスト情報の信頼性維持
・ホストファミリーのサポート(お料理の問題、おもてなしのあり方、語学学習の問題、観光の問題、警備や保険の問題)

日本のホームステイ