YNU Venture Business Laboratory

hs 会社案内


ENGLISH

TOPに戻る

日本のホームステイ

横浜国立大学大学発ベンチャーについて

(http://www.vbl.ynu.ac.jp/)引用

イノベーション創出の拠点へ

~起業家型人材の育成と大学発ベンチャーの育成・支援~

横浜国立大学は、実践性・先進性・開放性・国際性の四つの基本精神を掲げ、教育と研究の実績を積み重ねてきました。

成長戦略研究センターベンチャービジネス部門は、こうした基本精神の基、社会や産業のニーズに対応した新規分野に挑戦する精神と問題解決能力を備えた「起業家型人材」を成長段階に合わせて育成しています。

また、シーズに基づくベンチャー支援だけではなく、社会ニーズに対応する大学発ベンチャーを育成・支援し、大学におけるイノベーション創出拠点を目指して活動を行っています。

育成したい人材像

1、新しいビジネスモデルの探求

日頃から新しい技術の発明やビジネスモデルの構想に高い関心を持ち、社会や産業界のニーズを探求し、これ に応えようとするチャレンジ精神旺盛な人材を育成します。

2、社会に貢献できる技術・研究を目指す。

深い専門学識を持ちつつ、自身の学問領域にかかわる技術・研究が、社会や産業の中でどのように貢献できる かを理解し、その将来性について幅広く考えられる人材を育成します。

3、問題解決能力の向上

技術者として問題の本質を的確に発見し、実際の限られた現場環境でも最善な解決策を見出そうとする実務能 力を有する人材を育成します。


大学発ベンチャー採用者: 岡田真作 
(横浜国立大学大学院 環境情報学府 環境イノベーションマネジメント専攻)

横国大学発ベンチャー採用2014 「新たな観光スタイル 日本のホームステイ」

YRC有限会社 取締役  (留学手続き代行、英会話教室、ハワイホームステイなど)
NPO 国際交流支援協議会 理事  (語学交流、試験会場運営など、国際交流と教育を柱に活動)


大学発ベンチャーに採用された社会人学生の岡田真作は、2000年から現在至るまで留学手続き代行業に携わり、2005年にはハワイホームステイ、中国ホームステイと言ったのホームステイ事業を行ってきました。

事業の経験を通して、なぜ、「日本のホームステイは普及していないのだろうか」という問題意識を持ち、解決方法を考えるようになりました。

もしかしたら、日本人のおもてなし気質と観光目的の提案のあり方に原因があるのではないか。

・日本人のおもてなしの気質の問題としては、「受け入れるならば、しっかりとしたおもてなしをしたい」「対価をもらっても、おもてなしが過ぎてしまい損してしまう」といった、おもてなし加減の経験不足が問題だったのではないかと考えました。

・日本の観光資源について、近代的な日本、古来の日本、自然の恵みや温泉など、観光資源はいっぱいあるのですが、観光のストーリーがぼやけていているように思えました。日本観光の魅力は日本人との交流という観光資源を提案したいと思います。

この事業を通して、日本人との交流という観光資源の再確認による観光立国日本のお手伝いと、ホームステイを通した日本人家族の異文化対応力の幅を広げ、外国人の友だちを増やす事による平和への貢献にチャレンジしたいと思っています。

・ホームステイが普及すると、外国人の友だちを持つファミリーが増える、それは、異文化対応ができる子供を育て、国際競争力につながるという、社会的価値を創出できるのではないか。

・訪日観光者に新たな観光のあり方と提案できるのではないか。

・観光立国日本のお手伝いができるのではないか。

以上を事業価値として、教育と観光と国際交流を柱に活動していきます。

岡田紳作

日本のホームステイ