学生ビザ
学生ビザ

ビザ申請は個人でもできますが、 書類不備や記入漏れ、記入の仕方によっては適切なビザが取得できないおそれもありますので、 お忙しい方、英語での書類作成に不安のある方にご利用いただきたいと思います。


学生ビザの申請代行ビザ申請代行専門

アメリカ学生ビザ申請について

週18時間以上のコースに参加する場合は学生ビザ(F1ビザ)が必要です。まず、入学を希望する米国移民局から認可を受けた学校に入学申し込みの手続きを行い入学許可証“I-20(アイトウェンティー)”を入手します。

申請に必要なもの

  • パスポート
  • 入学許可証
  • ビザ申請料 US$131
  • ビザ申請用紙(DS-156、DS-157、DS-158)
  • カラー証明写真1枚
  • 英文の預金残高証明書
  • 英文の成績証明書
  • エクスパック 500 (EXPACK 500)
  • クリアファイル
  • 面接予約確認書
  • SEVIS費払込レシート

発給までの期間: 通常1~2週間くらいですが、申請の時期や混み具合によって異なります。


カナダ学生ビザ申請について

6ヶ月以上の留学の場合は学生ビザが必要です。またケベック州の場合は特有の事項があるのでお問い合わせ下さい。

申請に必要なもの

  • 英語またはフランス語で記入済みの申請書
  • 申請料金
  • 返信用封筒1枚(定形内最大サイズ以上で、通常料金に応じた切手を貼付。申請者の住所、氏名も明記)
  • 証明写真2枚(5cm×4cm。無背景で6ヵ月以内に撮影したもの。裏面に名前と生年月日を記入)
  • 入学許可証のコピー
  • 残高証明書
  • パスポートのコピー(パスポートの顔写真があるページ)
  • 英文履歴書(成人の場合)
  • カナダ留学についての作文(成人の場合)

発給までの期間: 書類に不備がなければ、申請書提出から通常3~4週間で発給。


イギリス学生ビザ申請について


6ヶ月以上の留学の場合は学生ビザが必要になります。
6ヶ月未満の留学の場合は入国時に審査を受け、滞在許可を得ます。

  • 申請に必要なもの
    ・パスポート 申請日より6ヶ月以上有効なもの (旧パスポートがある場合はそれも必要)
    ・イギリス政府よりライセンスを与えられた学校より発行されるビザレター (ビザ申請日から6ヶ月以内に発行されたもの)
    ・ビザ申請用紙2部 ①VAF9 ②Appendix8:Tier4
    ・カラー証明写真1枚 (45mm ×35mm 背景は白)
    ・ビザ申請料金 ・財政証明書類 申請者本人名義の通帳など(残高証明書不可) 28日以上一定以上の金額が通帳に入っている必要がある。 (留学期間、地域によって金額が変わる)
    ・申請予約確認書
    *1申請書類を除く全ての書類は原本とコピーの両方が必要
    *2英語以外の全ての書類は大使館指定の業者の翻訳が必要  (指定翻訳者リストがあります)
    *3留学経験がある場合は学歴、資格、出席率などの証明が必要
    *4公的機関の資格試験(TOEIC、IELTS、TOEFLなど)の証明 (受けたことがある場合)

代理申請不可、郵送申請不可のため、 申請者本人が東京か大阪の大使館、領事館で直接申請する必要がある。 (ビザ申請の書類チェックを当社で行ないます。)


オーストラリア学生ビザ申請について

政府認可のコースをフルタイム(週20時間以上)の学校に通う場合は学生ビザが必要になります。

申請に必要なもの

  • パスポート(滞在予定期間まで有効なもの)
  • クレジットカード
  • 留学保険Overseas Student Health Cover に加入
  • インターネット環境(オンライン申請のため)

発給までの期間: 健康診断後2週間ほど


ニュージーランド学生ビザ申請について

ニュージーランドの場合、3ヶ月以上語学学校に通うには学生ビザが必要です。3ヶ月未満なら往復航空券と滞在資金を持っていればビザは必要ありません。


申請に必要なもの

  • 学生ビザ申請書(Application to Study in New Zealand NZIS1012)
  • 日本人は申請料金無料
  • パスポート
  • 写真(パスポートサイズ)
  • 本人名義の残高証明書
  • 入学許可書
  • 健康診断・レントゲン
  • 無犯罪証明書

発給までの期間

書類に不備がなければ最長で3週間、郵送の場合は最長5週間かかります

ビザ申請代行専門
ビザ申請代行専門

(YRC横浜留学センター | 横浜の英会話 | 横浜の中国語 | 横浜の韓国語 | ハワイホームステイ | 翻訳)