横浜の中国語教室

効果的な学習に、他者との関わりは有用である。

入門期の学習者に有用な工夫があります。

初心者の中国語の勉強


----- 初心者の中国語の勉強 -----


質問 : 
最近、NHKラジオの中国語を始めました。 
耳に頼らずについつい発音記号を 見てしまいます。
中国語の勉強方法として、それで大丈夫でしょうか。
テキストを見ずに耳で聞き取りしたほうが良いと思うのですがどうなのでしょうか。 

返事 :
英語でも中国語でも「テキストを見ずに耳で聞き取る」は正しいと思います。ただし、漢字を見ながらでもテキストを見ていることには変わりないので、テキストは閉じておきましょう。でも、はじめのうちは今のようにテキストを目で追いながらピンインとその音を一致させてください。 中国語は発音が要です。漢字を見て正しいピンインが書けること、またその逆もできることが必要です。それが正しい発音への近道です。
テレビ講座をたまに見ますが面白く構成されていて楽しめますね。中国語の勉強がんばってください。

質問 :
私は2年以上も勉強しているのですが、日常会話も未だにできません。勉強の仕方が悪いのだろと思うのですが、どのようにしたらいいのかわかりません。効率の良い勉強方法やお勧めの勉強方法があったら教えてください。

返事 :
多聴、多説、多念でステップアップ・・
「2年以上」が独学だとしたら、発音に問題があるかもしれませんね。発音に自信がないと読む・話すことにも自信がなくなり、結果として耳にはいって記憶を確かにするというサイクルがうまく働きません。音読や会話で力強く発声できるかが、覚える鍵とも言えます。ぼそぼそと声にするだけでは、あまり効果的に覚えることはできません。 発音に限っては、とにかく学校でも個人教授でも、正しい発音を叩き込むことです。ここで恥ずかしがったり、指導を嫌う人は脱落する傾向にあります。 中国語は、漢字を使うので字面でわかったような気がしますね。特に独学では顕著でしょう。同時に漢字を日本語読みしても、声調が違っても気が付かないこともあります。 ピンインの正しい理解は、独学者には重要です。これを正しく理解すれば、自力で学習書、参考書を読み進むことができます。普通話は、南方方言のように変調はほとんどありませんから、四声はしっかり押さえておきましょう。
効率のよい学習法は、まず、繰り返し繰り返し、多く聴き、多く読み、多く話し、多く書くことです。 身の回りの物や動作、あいさつのフレーズ、そして目につく漢字がすらすら中国語読みできるようになるまでは、繰り返しです。 その段階になると、さらに「効率的な」学習法(たとえば文法を理解することで、丸暗記しないで済む)ができるようになりますが、それまでは、小学1年生のように素直に聞き読み書きすることです。文法の決まりごとは、せいぜい不や一の変調などの発音に直接かかわることぐらいですね。

返事2 :
NHK中国語 会話(ラジオテレビどちらでも好きな方)や簡単な会話集をひたすら暗記します。暗記の際にはヒアリングから入ります。分からなくてもいいからとにかくまず聞いて音を真似る。出来なくても10回くらいは粘ってみます。次に正確な発音でシャドーイングします。 正確な発音が出来ているかどうか、こればっかりは自力ではできませんから友達を作るなり学校に行くなりして中国人に指導してもらいましょう。
・半年くらいはひたすら以上のことを淡々と繰り返すことをオススメします。 文字を見て自然に文章が頭の中で音読されるような状態になれば、文章を読む時期が来たと言っていいと思います。
・中国語のカラオケを練習してみるのは淡々とした勉強の気分転換になるのでオススメです。